ウクライナ・キーウにおける支援活動

FVIの現地パートナー団体・KJMCがキーウで支援活動をしています。

FVIの現地パートナー団体KJMCがキーフで支援活動をしています。

ウクライナ・キーウにおける支援活動

FVIの現地パートナー団体・KJMCがキーウで支援活動をしています。

島第一原発が事故を起こして以来FVIの私たちが親しい関係を築いてきたのがキーウ・メシアニック・ジュー集会(以下KMJC:非ユダヤ人とユダヤ人が共に集うキリスト者の集会)のボリス牧師(ラビ)です。武力侵攻の早い収束を祈り、人々を支える方策を検討し、キーウに留まらざるを得ない孤独や恐れ、不安を抱えている人々のために集会事務所の地下室を開放してきました。そこを訪問した近所に暮らす男性と家族の言葉が紹介されていました。

「夜もミサイルやサイレンの音で眠れないし、不安でいっぱいです。なのに、どうしてここは平安に包まれているのでしょう」。
「悪の力より偉大なお方を信頼して祈り、今できることをしているだけですよ」とメンバーが答えると、その人はほっとして「ここにしばらくいてもいいですか」と言ったそうです。
メンバーは家族の話を伺い、飲み物や食事を提供し、平安と守りを祈りました。


ボリス牧師(写真左とFVIカタリスト)

ーウでやるべきことがあると感じた人たちが、「愛の種」を蒔こうと隣人の心と体の必要に応え始め、シェルターの役割を果たせる賃貸のアパートやメンバーの住居を解放し、人々の話を聞き、祈り、一緒に食事をする場を提供する働きが進んでいます。


FVIは、このような働きを進めているボリス牧師たちに寄り添う支援協力をこれから継続します。彼らの命と働きが守られるようにお祈りください。そして、彼らの隣人を支える「愛の種まきの働き」への協力を、どうぞよろしくお願いいたします。


現地におけるこれまでの取組み

●これまでに病院、老人施設、困窮する家庭に500以上の救援物資を届けました。
●私たちの教会の援助を通して、690人の子ども、400人の女性たちが国外に避難し新しい住まいを見つけることができました。
●オンライン祈り会では不安のなか、人々が励まし合っています。
●多くの人々が教会に救いを求め、キリストに出会い、慰めを得ています。
●戦禍にあっても毎週のシャバット(安息日)には聖書から人々が励ましを受けています。
(KJMCの公式ホームページより)

この働きに献金・募金をもってご支援下さりたい方は、以下の方法でご送金ください。

~献金の送り先~

ご支援くださる方は、通信欄に「ウクライナ支援」と明記のうえご送金ください。 集まった献金はKMJCの隣人愛の実践のために用いられます。

ゆうちょ振替口座 口座番号:00180-0-300201 名義:FVI 新型コロナ指定

ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行の口座もご利用いただけますが、郵便振替以外でお振り込みの場合、払い込み者名義が「文字制限付きのカタカナ」で表示されるのみで、ご寄付下さった方および「ウクライナ支援」の使途を特定できないという事情から、事前お問い合わせの形を取っています。ご不便をおかけしますが、ご理解いただけますと幸いです。お問い合わせは以下のメールアドレスからご一報ください。
●「声なき者の友」の輪  事務局  email: info@karashi.net 

 

2022年5月10日現在

KJMCから数名のボランティアは、ロシアの支配によって苦しんだキーウ州を続けて訪問しています。5月6日にはホスト―メリに100の食料セットを届けました。いくつかの理由により、この町にはそんなに多くのボランティアが訪問をもうしていません。しかし、食料や温かい食事、常用薬は圧倒的に不足しています。当然ながら建物の改修工事の助けも必要ではありますが、最も重要な必要は、誰か彼らの話を聞いてくれる人の存在です。
 どのような訪問になったかは私たちの写真とレポートをご覧ください。
»KJMCのfacebookページより最新情報をご覧いただけます。


FVIの現地パートナー団体KJMCがキーフで支援活動をしています。

FVIの現地パートナー団体KJMCがキーフで支援活動をしています。

2022年4月19日現在

現地パートナー団体・KJMC、ウクライナ国内避難民・避難所開設準備中

地パートナー団体KJMCでは、攻撃が激しい東部地域からの避難民の中・長期での滞在施設の必要に応えることを検討してきました。西部の都市リビウ、スロバキア国境沿いの町ウジホロド、首都キーウの3か所で4月半ばから国内避難民の避難所を開設する準備を始めたことが伝えられました。
すでに西部のリビウでは、建物を借り上げ、準備が整ってきています。

FVIの現地パートナー団体KJMCがキーフで支援活動をしています。

これまで支援物資を配布した地域名

2022年4月12日現在

KJMCから数名のボランティアがキーウ州にあるブチャ市を訪れました。この街はほぼ1カ月間ロシア軍に支配された故に、不運にも世界的に知られるようになりました。今住人は食料や服や身の回りの物だけでなく、暗闇の後に差し込む神の光と人の温もりを必要としています。ブチャの様子を映した以下の写真一枚には千の言葉の価値があります。ご覧ください。
»KJMCのfacebookページより最新情報をご覧いただけます。


FVIの現地パートナー団体KJMCがキーフで支援活動をしています。

支援金送金状況とKJMCからの報告メール

2022年4月15日 10,000USD/1,235,610円を送金しました。 ウクライナの危機に対するご支援を感謝します。

  1. 支援概要